クレーム対策室

~いろいろなクレームの種類を知ろう~

個人間取引での対策

クレームに対して悩みを抱えているのは、企業ばかりではありません。例えば個人間でも、クレームによる悪影響を受けている人は多くいます。

現代では、個人間の取引が頻繁に行われるようになっています。インターネットを代表する通信インフラの発達により、個人でも物の売買が行える時代です。例えば、ネットオークションやフリマやハンドメイド作品の取引などがあります。

個人間取引に限らず商売というのは、互いに納得がいかないことがあると、そこにトラブルの元が生じやすくなっています。個人間の売買でも、理不尽なクレームを突き付けられて悩むことがあります。

悪質なクレームの場合は、物の代金を回収することができないといった事例も起こっています。そこで個人売買を行う際には、悪質なクレーム被害を受けた場合にどのように対処すればいいのか、知識を持っておいた方が良いでしょう。

まずはクレームで悩むことがないように、事前の対策が不可欠となります。物を売る場合には、商品の特徴について十分過ぎるほどに情報を公開することが重要です。

またトラブルが生じる可能性に備えて、どの範囲まで保証を行うかについて明記するのが、トラブルを避けるためのコツです。

それでも悪意あるクレーマーは、個人売買で無理難題を突きつけてくる場合があります。もし相手との話し合いで決着がつかない場合には、一人で解決しようとせず専門家に頼った方が上手くいきます。個人間のトラブルについて弁護士が適切なアドバイスを提供してくれます。また万が一、訴訟になった場合には、弁護士は悪質なクレーマーに対抗するための強力なパートナーとなるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です